大阪狭山市の未来を担う若者へのヒアリング

大阪狭山市都市計画グループから下記の依頼がありました。

現在、大阪狭山市では都市計画に関する基本的な方針となる「都市計画マスタープラン」を
平成21年度と22年度にわたり策定しています。
この都市計画マスタープランは大阪狭山市のまちの将来像を描き、
その将来像の実現に向けて取り組む内容を示すものです。
 この都市計画マスタープランの策定にあたっては、
大阪狭山市の「まちづくり」や「まちの将来像」に対する
市民の皆さんの「考え」や「想い」を取り入れながら進めています。
 今回のヒアリングは、大阪狭山市の未来を担ってもらいたいと考えている、
若い世代の皆さんの「考え」や「想い」をお聞きする機会として集まっていただくものです。


さやま未来プランナーのみくりが報告します♪


b0187210_9163523.jpg本日は大阪狭山市都市計画グループの方からの依頼を受けて
市役所に行って、会議をしてきました。


参加メンバーは未来プランナーとうどぃメンバーの一部です。


まずは私たちが大阪狭山市についてのいくつかの質問に答えることから始まりました。

初めは本当に緊張しましたが、
段々と慣れてきて私たちが普段思っていることを素直に発言できました。

みんなの発言を聞いていると、
大阪狭山市が好きな気持ちがひしひしと伝わってきました♪
自分の街に誇りを持てることは素晴らしいなとみんなを見てて改めて思いました!

そして、事前に聞いていた
今回は参加していない未来プランナーのメンバーの意見も伝えることができました!

b0187210_9171040.jpg今回の会議で私が今まで知らなかった今、
大阪狭山市が直面している問題についても知りました。

自分に今できること...
しっかりと考えていきます!


こういう方々と直接話ができるとても良い機会でした♪

またこれからプランナーで話し合って意見をまとめてから、
もう一度今回のような場を設けて会議をしたいと思っています。


今回私たちが出した意見が都市計画に反映されればな、と思います♪



事務局から

大阪狭山市都市整備グループの方には、このような機会を頂戴しありがとうございました。

私たち大人が思っていた以上に、うどぃやプランナーメンバーは、
まちに対する暖かい想いを語ってくれました。

最後に、市の職員の方が、
「こんなに狭山のことを好きだと言ってくれて、公務員冥利につきます。」と
言ってくださったこと、
この都市計画マスタープラン策定市民会議に関わってくださっているA社の方が、
「こんな高校生みたことない」とおっしゃたことをとてもうれしく思いました。

私が、若い時なんて自分のことしか考えていませんでしたから。

人とつながり、見守られていることを子どもたちは、活動を通して体感しているのでしょう。
[PR]

by itutyokami | 2009-10-23 00:18 | プランナー畑  

<< ゆるキャラまつり 提言書 >>