子供笑顔プロジェクトwith音タネ一座

プランナーコウキです。

まずはじめに 4月3日表現倶楽部うどぃ第五回公演「ひとつ星の伝説」にご来場いただき、たくさんの募金をしてくださった皆様。

本当にありがとうございました。

皆様からいただいたたくさんのお金が入った募金箱をみると、とても胸が引き締まる思いで、必ず子供たちの笑顔につながるような活動をしていかなければならない。とプランナー一同決意を新たにしました。

皆様からいただいた募金の総額は追ってお知らせさせていただきたいと思います。



さて、

4月11日(月) 子供笑顔プロジェクト会議を行いました。

今回は、この活動のきっかけをくれた音タネさんを招いて会議をしました。

b0187210_3371793.jpg















ただただ被災地をはじめとする子供達に笑顔を届けたいという思いからはじまったこのプロジェクト。
今までは漠然とした思いだけで、明確なビジョンを描けていなかったのが現実でした。

しかし、音タネさんから冷静かつ的確なアドバイスをいただき、自分たちが何を目的にして、何をすべきなのかが見えたような気がします。

そして
活動の第一歩として、ラーメンちゃんとあきらちゃんにまず僕たちのこと知って頂くために、自己紹介を込めたメッセージビデオと手紙を送らせていただこう。ということになりました。

これは「まず自分たちのことを知ってもらわなければ、見ず知らずの人とつながりたいと思う人はいないし、すごく失礼なことでもある。」という音タネさんの意見を参考に決めたものです。








次は4月18日にメッセージビデオと手紙の内容を決め、音タネさんの意見を踏まえて今後の方向性を話し合いたいと思っています。








今回音タネさんと会議を持たせていただいたことで、地域の大人と子供が真剣に議論し合い、意見のぶつけ合えるこの環境は本当にありがたいことであるし、こんなことができる大阪狭山ってやっぱり良いなぁと思える。そんな時間でした。

これからもプランナーはたくさんの人とつながり、たくさんの人とふれあいながらこの活動を展開していきたいと思っています。


音タネ一座のみなさん今回は本当にありがとうございました。
[PR]

by itutyokami | 2011-04-12 14:53 | ミーティング | Comments(0)  

<< 4.14 新勉強会ミーティング リーダー会議 >>